ゲームストーリー

神話時代

アイラ大陸の創造神であるパラルス神、ルシリス女神、カエデューク女神。

パラルスとルシリスの間に意見衝突により、二人に仕える信者達も戦争を始めた。

長い戦争の挙句、戦争はパラルスの勝利となったが、

ルシリスの消滅により大陸はバランスを失い、パラルスも支えきれず消滅してしまった。

カエデュークは壊れかけた大陸を安定させる事に成功したが、その力を使い果たし、
自身の娘達にアイラ大陸を任せ、長い眠りに落ちてしまったのである。

ポルテ帝国の建国と没落

神が不在の混沌の中、光の神パラルスを神として崇拝する集団が現れ、
彼らのリーダー、エリオス・リデールはポルテ帝国を建設し、大陸全体を統一する。

しかしポルテ帝国の大陸統治から500年…

国を支える貴族達は堕落し、地方間不均衡は極みに達してしまった。

帝国に反発する各地域の同盟「自由連盟」によるクーデターや内戦は絶え間なく、
ついにポルテ帝国は500年の歴史に終止符を打った。

勝者の堕落と英雄の死

戦争に勝利した自由連盟の喜びも長くは続かず、すぐに次の混乱は訪れた。

共に帝国に対抗していた各部族の代表は、戦争が終わると共に欲に目が走り、
昨日までの同志を敵としたのであった。中でも北部の部族長リヨーテ・ブルゲールは、
東部の部族長であり、自由連盟のリーダーであったザカート・デザールに反発した。

しかしザカートの急死により対立から一変、自由連盟は解散、大陸は分裂されてしまった。

新しい英雄

自由連盟の解体から、ギルド連合は大陸に最も影響力がある新権力として浮上した。

彼らの努力により、アイラ大陸は平和を取り戻した。

しかし、平和と秩序の中、利権を得んがために、新たな混乱を生み出そうとする集団と、
人間達に挑む異種族の出現は、アイラ大陸に混乱の影を落とすのであった。

この記事にコメントする

You must be logged in to post a comment.