NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAというものは自分のために口座開設をして投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

参考:NISAの口座は子供名義でも作れる?【口座開設の注意点は?】

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAの運用期間は2023年までとなっています。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きをするための案内がありますからそれにしたがって進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、iDeCoとの大きな違いです。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際に強いと言われている金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品の誕生理由は、日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

株式取引をメインに考えてみますと、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

となるとお金がない人は参加できませんし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回、乗り換えが可能になりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーついては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、気にしなくていい情報かもしれません。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAのリスクについて説明します。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

一応解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき、手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターンの金融商品となります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、ネット証券がおすすめです。

NISA非課税期間終了後はどうしたらよい

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

これは預金と比較して投資のほうがリスクがあるかどうかという単純な話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAの仕組み上5年後どうするかは大きな課題です。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

一旦売ってしまうという方法が一つあります。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、これからNISAを始める人にとって始めやすいとも言えますよね。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。

とはいえ本当にただはじめるだけならということなので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券での口座開設を強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番有力な候補としてはやはり証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックキャンペーンを開催している証券会社もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクではなく、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。

3番目のNISAの仕組みによって非合理的な行動をとってしまうというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資できる商品が限られています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAの期間は2023年までです。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間迄は、すでにNISAの運用をしていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからはじめる方にとっては、この制度は無関係ですね。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株だと、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、多くの銘柄に投資するということはできません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、比較的低リスクな債券も対象外です。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回だけ変更可能になりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に購入したものはそのまま持ち続けられます。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAとは何かをシンプルに言うと、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

海外にもあった仕組みなのですが日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、1人1口座だけ持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

5年間までという制限があるのですが、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

関連ページ